26回参院選の結果について

     2022年7月29九条の会事務局„
710日に行われた参議院選挙は、自民党、日本維新の会が議席を増やし、公明党、国民民主党を合わせた改憲4党の議席が3分の2以上を占めました。一方、市民連合の働きかけに応じた野党共闘は、過去二回の参議院選挙とは異なり限定的なものにとどまり、立憲民主党、共産党はともに議席を減らしました。改憲に向けた動きの加速が懸念されます。
„自民党は、選挙公約で、改憲4項目を提示し、「憲法審査会で改正原案の国会提案、発議を行い、国民投票を実施する」としています。維新の会は、「9条に自衛隊を明記」、「緊急事態条項を創設」との公約を掲げ、自民党に「憲法改正のスケジュールを示せ」と迫りました。国民民主党は「緊急事態条項の創設」を主張し、9条については「議論を進める」と述べ、公明党は「憲法91項、2項は今後とも堅持する」としつつ、憲法72条など別の憲法条項に自衛隊の存在を明記する「検討を進める」と、明文改憲に向け踏み込みました。
„岸田文雄首相は、選挙結果を受けて11日、選挙戦終盤の演説中に銃撃され死去した安倍晋三元首相の改憲への「思いを受け継ぐ」として、「具体的な内容について3分の2の賛成を結集し、できる限り早く発議に至るとりくみを進める」と述べました。さらに安倍元首相の国葬を強引に閣議決定し、これを最大限に利用しながら、この秋の臨時国会から来年の通常国会にかけて、改憲原案の作成、憲法審査会への提出、議論が進められようとしています。また、「敵基地攻撃」能力の保有と大軍拡、辺野古新基地建設をはじめとする南西諸島での軍備強化のごり押しなどを、強力におしすすめようとしています。
„しかし、4党の間にはめざす改憲条項や改憲への姿勢に隔たりがあり、改憲が一直線に進む状況ではありません。選挙終盤745日の朝日新聞の世論調査では、改憲賛成36%、反対38%と大きく分かれていました。多くの有権者は改憲を望んでおらず、今回の選挙で改憲の動きが支持されたわけではありません。私たちの頑張り次第で国会内での改憲勢力の企てを止めることは可能であり、これまでもそうしてきました。
„岸田政権は改憲の動きをロシアによるウクライナ侵略と中国の脅威などを口実に推し進めています。しかし、ロシアの蛮行を止めさせるために求められているのは、「戦争反対」「国連憲章守れ」との圧倒的な国際世論の結集であり、「核兵器使うな、なくせ」の世論の拡大であり、敵対的な軍事同盟の強化ではなく、対話と協力の包摂的な平和の枠組みの構築の努力です。東アジアの平和にとってもこの方向の探求が求められています。

 

„ 私たちは、憲法施行後75年にわたって憲法を守り抜き、これまでも改憲派が衆参両院で3分の2を占めるもとでも改憲発議を許してきませんでした。九条の会は、憲法9条とそれに基づく日本の社会が最大の危機を迎えている今、対話や署名・宣伝など創意工夫をこらして行動を起こし、草の根から市民の共同で憲法を守り、生かす取り組みをすすめることを呼びかけます。

ロシアのウクライナ侵略に断固抗議

3/19 第80回NO WAR八王子アクションで「抗議決議」を満場一致採択

プーチン大統領宛てロシア大使館に郵送


ロシア大統領・ウラジミール・プーチン殿

ロシアによるウクライナ侵略に強く抗議し、

軍事作戦の即時停止と撤退を求めます

2022.3.19 第80NO WAR八王子アクション

 

 2022224日、ロシア政府はウクライナに対して軍事侵攻を開始しました。すでにウクライナ東部地域・首都周辺が攻撃され、子どもを含む死傷者が出ていると報道されています。

 これは、ウクライナの主権・領土保全を侵害し、ウクライナに生活する人々の命・生活・尊厳を奪う暴挙であり、決して許されません。加盟国の主権・独立及び領土の保全を尊重し、武力による威嚇又は武力の行使を原則禁止するとした国連憲章に明確に違反する紛れもない侵略行為です。さらに、民間施設や一般市民を対象とした攻撃は国際法に違反する戦争犯罪にあたるものであり、直ちに軍事行動・軍事威嚇を停止することを強く求めます。

「言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害」を経験した人類が、二度と人間の命を奪う戦争を繰り返させてはならないという強い意志で築き上げた平和の秩序を、乱暴に踏みにじったロシア政府に対して強い怒りを込めて抗議します。

  ロシアは、ウクライナ最大の原発関連施設への砲撃を行いました。もし、原子炉が破壊されてしまえば、福島原発やチェルノブイリ原発事故の規模をはるかに上回る被害を生み出す世界的な犯罪行為となります。直ちに攻撃を停止することを求めます。

 またプーチン大統領が軍事侵攻に先立ち、ロシアが世界最大の核保有国であることを強調したことは、いかなる場合にも核兵器による威嚇を禁止した核兵器禁止条約に反するものであり、断じて許されません。

3月2日には、世界141ヵ国という圧倒的多数が、ロシア政府による軍事侵攻の即時停止を求める決議を国連で採択しました。 

私たち「戦争をさせない八王子市民集会実行委員会」は、2015年から毎月NO WAR八王子アクションを開催し、いかなる理由があろうとも戦争を許さず、戦争につながる動きに抗議の声をあげ、平和と人々の命・権利を最大に尊重することを謳う日本国憲法の実現を求めてきた市民団体です。「全世界の市民が等しく、恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認し」、「平和を愛する諸市民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」した日本国憲法を持つ国の市民として、世界の人々と連帯し、ロシアによる軍事侵攻の即時停止・撤退と、紛争の平和的解決を強く求めます。

 

以上


8/20 第

みんなで話そう

on-line はちおうじ 憲法カフェ



「親子で学ぶ八王子くうしゅう」ビデオを公開しました

 あの戦争で、私たちが住んでいる街にも、焼夷弾の雨が降り注ぎました。

 多くの人が逃げまどい、多くの命が失われました。戦争を知らない私たちにとっても、戦争の歴史を振り返り、政府の行為によって2度と再び戦争の過ちを繰り返させないためにも、このビデオが平和学習の一つの「教材」になれば…と思い公開します。


回 みんなで話そう

on-line はちおうじ 憲法カフェ




コロナ禍で苦しむ国民の命より

憲法を破壊し、経済と五輪最優先の自公「菅政権」

一日も早く政権交代を実現しましょう

コロナ禍の中、菅政権の無為無策のために、私たち国民の命と暮らしは脅かされ、助かる命も助からない医療崩壊の危機さえ進行しつつあります。

この53日、74回目の憲法記念日を迎えましたが、コロナ禍で国民の懸命な努力が続けられている時に、自公維新が「今がチャンス」と改憲発議への地ならしである「国民投票法改正案」の採決を行うなど、まさに「究極の火事場泥棒」です。

憲法を活かし、立憲主義と民主主義を取り戻すために、2015年以来続けてきた超党派の市民運動「NO WAR!八王子アクション」は、この516日(日)に第70回を数えました。

「9条の会八王子市内連絡会」は、市民のみなさんと一緒に頑張っています。


2015年から続けている超党派の市民運動


71 NO WAR !

八王子アクション

6/19

10:30~11:30

★会場:JR八王子駅「北口」オクトーレ前

 

《リレートーク》

  1. テーマ別リレートーク
    ◆市民・学者・文化人・法律家
  2. 各党会派代表のリレートーク
    ◆立憲野党の国会議員
    ◆八王子の各党会派代表
  3. 八王子市民運動の紹介
  4. 「市民アピール決議文」提案と採択


70回 NO WAR ! 八王子アクション

5/1614:00~15:00

★会場:JR八王子駅「北口」オクトーレ前

★プログラム:

<オープニング><リレートーク>

 


★市民パレードは、中止になりました。



《9条の会八王子市内連絡会》



第65回

NO WAR!八王子アクション

2020年12月19日

JR八王子駅「北口」

2020年最後の第65回NO WAR!八王子アクションの動画をken23quさんがYouTubeにアップしていますので、ご参考にご覧ください。



2019/11/27(水)

国会議員会館の「萩生田光一事務所」

萩生田文科大臣へ

「公開質問状」提出

=戦争をさせない八王子市民集会 実行委員会=

2カ月以上過ぎた今も、全く回答できない萩生田光一文科大臣

改めて2020/1/15(水)

萩生田事務所に申入れ

①「公開質問状」無視の理由。

②市民の陳情への悪質妨害。




《市民の質問に回答不能》

《陳情市民への悪質妨害に、萩生田事務所も重大責任》



萩生田事務所の関係者が、質問状を持参した市民への悪質な妨害 !!

 11/29「萩生田後援会事務所」を訪問した際、事務所の関係者が表に出てきて、私たちに「何やってんだ ! 」「警察呼ぶぞ !」「バカ野郎 」など、脅迫的暴言や悪罵を投げつける悪質な妨害が発生しました。



八王子市民運動紹介


小中学生のエイサー



 いま沖縄を考えるビデオ公開

学習ビデオ・インターネット公開中!

公開したビデオは、2010年10月から2011年1月にかけて「中央大学9条の会」の学生と制作した手作りの学習教材です。

各地の上映会では「勉強になった」「感動した」と大きな反響。「さとうきび畑 ♪(森山良子)」のエンディングも感動的です。

制作から8年経過しましたが、改めてビデオを視聴し、沖縄・米軍基地・憲法9条・・そして日本と世界の未来についてご一緒に考えてみませんか。


九条の会』声明

2019/10/10



第22回 八王子(2019.10.12~13)

平和をする文化祭

八王子労政会館

檻の中のライオン

①9月23日(月)10:00~12:00

八王子市生涯学習センター南大沢分館(視聴覚室)

②9月23日(月)14:00~16:30

長房ふれあい館(会議室)



第21回八王子2018 

平和をする文化祭

シンポジウム

学生が考える

未来のつくりかた

「9条の会八王子市内連絡会と

 中央大学protect9(学生)」の共同企画

<10/7(日)八王子労政会館ホール>


◆若者と年配者の交流討論を通じて、若者たちを取り巻く深刻な社会の矛盾が明らかになり、改めて若者と年配者との共同行動の意義と重要性の理解が深まりました。 




記念講演 

“市民と野党の団結で

政治を変えよう”

中野晃一さん(上智大学教授・政治学)

 

 最新の情勢と安倍内閣の本質を、分かりやすく、そしてユーモアたっぷりに解き明かした中野晃一さんの講演に、会場は何度も笑いの渦に巻き込まれました。


★中野晃一さんの「記念講演」と「質疑応答」の音声は下↓


ダウンロード
中野晃一講演2018文化祭.mp3
MP3 オーディオファイル 44.9 MB
ダウンロード
中野晃一講演質疑応答2018文化祭.mp3
MP3 オーディオファイル 15.3 MB


9条の会八王子市内連絡会」発行のチラシ・ニュース(画像クリック


 過去の「NO WAR!八王子アクション」チラシ(2015/8~)一覧は画像クリック





 

2015年「平和をする文化祭」

「9条の会八王子市内連絡会」

 

の歩み展示へ